アゴ形成術(骨切り前方移動術)

半永久的にアゴをしっかりと形成します
半永久的にアゴをしっかりと形成したい場合はアゴ形成術(骨切り前方移動術)

こんなお悩みの方に

  • 半永久的にアゴのラインを整えたい
  • 理想のラインのアゴを手に入れたい

アゴ形成術(骨切り前方移動術) 術式の説明

アゴ形成術(骨切り前方移動術)は、おとがい(アゴ)の下顎骨を骨切りしアゴの高さを変える外科矯正法です。
下顎骨のオトガイ部分を水平に骨切りして前方へ移動することによりアゴを強調することができますが、移動できる量は限られているため術前のレントゲン写真により手術の適応を検討します。
オトガイ骨切り前方移動術には、施術後に下唇のしびれが生じる可能性があります。当院では術前にレントゲン検査を行いオトガイ神経の出口を確認し、手術自体の適応の確認と共に入念な精査を行っています。

アゴ形成術(骨切り前方移動術) 術前 アゴ形成術(骨切り前方移動術) 術後

入院期間

1日間~※大塚院での施術・入院になります
カウンセリング~手術後の処置の大まかな流れについてはこちらのページを御覧下さい。

施術の詳細

  • 術名

    オトガイ形成術

  • 適応

    オトガイは下顎の先端にあって、この部位の形状(長さ・突出・凹み・大きさ)また位置などの異常の修正を目的・希望される患者様に適応となります。

  • 術式・手技

    全身麻酔下・入院2日をともなう治療となります。
    口腔内を切開し、基本的にはオトガイ部の水平骨切りを行い、その骨片を移動させることにより、形態・位置を修正します。
    短縮の場合は水平骨切りを2段階行い、骨を中抜きし、オトガイを短く修正します。骨の固定はワイヤーあるいはチタンプレートとスクリューで行います。

  • 効果

    オトガイ部の形状・位置の修正

  • リスク

    術後の疼痛:1~2日間…鎮痛剤を投与します。
    術後の腫れ:1~2週間…腫れの大きさ・期間には個人差があります。
    感覚鈍麻・過敏…口唇が動かないなどの運動神経麻痺はありません。ただし知覚症状はあります。一般的には約6ヶ月~1年でこの症状が消退します。

  • 危険性

    術中の出血…多量に出血することはまずありません。よって、輸血などの心配はまずありません。
    組織の壊死…術後、血行不良・感染等により、一部の骨及び歯牙の喪失などの合併症が極稀に可能性としてあります。
    骨髄の失活…骨切りにより、歯の内部神経(歯髄)が切断されるが、徐々に(1~3年)回復されます。回復されない場合、歯髄の処置・歯の漂白治療が必要となることもあります。

  • 価格

    オトガイ骨切り前方移動術…¥800,000(税抜)

全国地図
歯科口腔外科の詳細をお知りになりたい方は、今すぐお申し込みを。
カウンセリングは無料です。初めての方でもお気軽にご相談下さい。ご相談の際には「歯科口腔外科専門HPを見た」とお伝え下さい。