下顎枝矢状分割術 | 大塚美容形成外科・歯科口腔外科

下顎枝矢状分割術

下顎全体が前に突き出ている
受け口、しゃくれ顔

下顎枝矢状分割術

こんなお悩みの方に

  • 下あご全体が前に突き出ている
  • 受け口・しゃくれ顔
  • 矯正装置では口元が引っ込まなかった
  • ワイヤー矯正では無理と言われた
  • ワイヤー矯正が嫌い・または抵抗がある

術式の説明

下顎枝矢状分割術

  • 抜歯をせずに、下あごの付け根近くの骨を切り、下あご全体を引っ込める外科矯正方法です。
  • 下あごが全体的に出ている場合に行います。移動幅は個体差にもよりますが、最大で15mm程です
  • 1.切開
下顎枝矢状分割術 術式

口の中の粘膜を切開し、骨を露出させます。

  • 詳細
下顎枝矢状分割術 術式

口の中の粘膜を切開し、骨を露出させます。

  • 2.切除・横
下顎枝矢状分割術 術式

骨の一部を切除します。

  • 切除 上から
下顎枝矢状分割術 術式

上から見た図

  • 矢状咬合面
下顎枝矢状分割術 術式

矢状咬合面

  • 3.移動(後方・左右)
下顎枝矢状分割術 術式

イラストにマウスカーソルを乗せると移動前の絵に切り替わります。

  • 移動・上から
下顎枝矢状分割術 術式

イラストにマウスカーソルを乗せると移動前の絵に切り替わります。

  • 4.固定
下顎枝矢状分割術 術式

ここで唯一外側の皮膚を切開し、ずらした骨を2本のボルトで固定します。
ボルトはチタニウム製です。
※チタニウムとは、生体安定性の良い金属で、デンタルインプラントにも使用されています。

  • 傷あとについて
下顎枝矢状分割術 術式

肌色のテープを半年ほど貼ることにより、傷跡はこの程度にまでなり、目立ちません。

  • 5.ワイヤー固定
下顎枝矢状分割術 術式

入院期間中は、口内の、歯ぐきの外側からボルトを留めワイヤーで上下をしっかりと固定します。

  • ゴム固定
下顎枝矢状分割術 術式

退院後、2~3か月の間、エステティックバンドを使用し、顎を固定します。装着、取り外しは簡単に出来、食事、口内清浄時はゴムバンドを取り外します。
特に硬い物以外は、退院時から食べることが出来ます。

実際の変化

※写真が切り替わります

症例写真

下顎枝矢状分割術 症例写真
下顎枝矢状分割術 症例写真
下顎枝矢状分割術 症例写真
下顎枝矢状分割術 症例写真
下顎枝矢状分割術 症例写真
下顎枝矢状分割術 症例写真

入院期間

5日間

※大塚院での施術・入院になります

カウンセリング~手術後の処置まで

詳しくはこちらの「カウンセリング~手術後の処置」ページを御覧下さい。
カウンセリング予約
フリーダイヤル
ページトップ